不用品回収業者が困った相談事例

相手を困らせないようにする

料金に文句を言わないようにする

不用品回収業者を利用すると、トラブルが起こりやすいと言われています。
ですから前もってどのような行為をすれば、業者の迷惑になるのか知ってください。
料金を支払う時に、もっと安くしろと値引きをいうお客さんは困るとよく相談されています。
見積もりを聞いて、納得したのだったらその価格をきちんと支払ってください。
後からもっと安くしろと文句を言うのは、ルール違反です。
納得できない金額だったら、見積もりの段階でキャンセルしましょう。

生ものなど、回収できないものを回収しろと文句を言われて困るケースがよく見られます。
業者は、生ものや危険物を回収することはできません。
それぞれは、適切な方法で処理してください。
事前に不用品回収業者は、何を回収してくれるのか調べると良いですね。
何でも回収してくれると思っている人が多いですが、回収できるジャンルが決まっている業者も多いです。
ダメだと言われた場合は、大人しく諦めましょう。

一般廃棄物収集運搬の資格しか持っていないのに、産業廃棄物の処理を任されることもあり、困惑している業者が増えています。
産業廃棄物は、専用の資格を持っている人しか回収できません。
前もって資格の有無を確認してから、依頼してください。
来てもらってから産業廃棄物を回収できないとわかると、無駄足になってしまいます。
自宅から実店舗が遠く離れているのに、10分以内に来てほしいなど無茶な注文をするお客さんも迷惑だと思われるので注意しましょう。

トラブルが起こりやすいと言われる

事前に見積もりを聞いて、納得できた時だけ依頼してください。 不用品回収を任せて、料金を支払うタイミングでもっと安くしろと文句を言うことは絶対にしないでください。 迷惑なお客さんだと思われてしまいます。 ですから見積もりを聞くことが、非常に大事です。

何を回収してくれるのか

不用品回収業者が取り扱っているジャンルを調べてから、依頼してください。 生ものや危険物の回収は、受け付けていないところが多いです。 他にも細かくジャンルが決まっているかもしれないので、事前に調べてください。 自分が処理したいものを、回収してくれる業者を探しましょう。

資格を見逃がさないで調べる

一般産業廃棄物と、産業廃棄物の違いを知ってください。 それぞれ、専用の資格がないと回収できないものです。 資格を持っていない業者に連絡しても、持っていてもらえないのでお互い無駄な手間になります、 相手に迷惑を掛けないよう、業者の持つ資格をチェックしましょう。